手を返してもスライスしてしまう

スライスが直らない方の中で、

フックグリップにしてみたり、

手を返してみたり、

どんなに極端にやってもスライスしてしまう・・・。

と言う方がいます。


手を返してもスライスが出るということは、

フェースが開いて当たっているということです。


ということは、ハンドファーストになっていないか、

チェックしてみてください。


手を返しているのに、逆にスライスしているのですから、

手を返している気になっているだけなんですね。


実際は、手を返す前にフェースが開いて当たっているので、

そこから、いくら手を返してもフックやドローは出ません。


この場合、スイングのスピードをゆっくり目に振るのを、

フックが出るまでやってみてください。


手を返すタイミングがつかめてくると思います。

こうすればフックが出る、

こうすればドローで打てる

というのが感覚的につかめてくると、

直接グリーンが狙えない状況でも、

フックをかけて狙うインテンショナルフックで

攻めることも出来るようになります。


木が邪魔で真っ直ぐ打てないとか、

左にドッグレックしたホール、

または、林からの脱出など

実践でも役立つので、練習しておくと便利です。