世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは!! オリジナル特典付き 

なぜ日本のプロは、メジャーで勝てないんでしょうか?

同じ疑問を持った方は多くいるのではないでしょうか。


そもそも根本的に違うものがあるのではないか?

このホームページを見るとそんな気がしてなりません。

こちら↓↓↓↓↓
世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!  

注目して欲しいのは、

「欧米人と日本人のスイングの違い」

というところです。


「なぜ、欧米人のプロは、タイガー・ウッズのように

左肩が低い位置にあり、右腰が引けず、左膝が右に動かない

トップスイングになってしまうのか?」


「なぜ、日本人のプロは、トップスイングで

左肩が高い位置にあり、右腰が引け、左膝が右に動き

左腰が落ちてしまうのか? 」


プロのスイングを影にしたものがありますが、

やはり、欧米人のスイングの方が格好が良いですよね。


それと、

「なぜ、日本人のプロは、ダウンスイングで

左肩が早く開き、シャフトの寝た タメのない

ダウンになってしまうのか?」


「なぜ、欧米人のプロは、ダウンスイングで

左肩の開かない、シャフトの立った

強烈な、強烈なダウンのタメ になってしまうのか?」


「なぜ、日本人のプロは、ダウンスイングで

100パーセント左膝が曲がってしまい、

左腰より横にはみだしてしまうのか?」


「なぜ、日本人のプロは、インパクトで

情けないほど左腰が引けてしまい

左膝も曲がってしまい、右膝が左膝に動いてしまうのか?」


「なぜ、欧米人のプロは、インパクトで

左腰がまったく引けず、左膝も曲がらず

左脚がまっすぐで、右膝が左膝によっていかないのか?」


「なぜ、日本人のプロは、フォローで

右足の踵が見えてしまい、

右膝が左膝にかさなってしまうのか? 」


「なぜ、欧米人のプロは、フォローで

左脚がまっすぐで、右足の踵が見えてなく

右膝が左膝によっていかないのか?」


本当に、その通り!

何でだろう・・・

これが根本的に違う原因なのではないかと

思いました。


真似するならできれば、欧米人のスイングを真似したい。

そう思ったのもこのホームページを見てからでした。


飛距離アップもそうですが、

スイング自体が、「何か格好良いね!」

と言われるようにしたいものです。


「早く100を切りたい!」

「100は切れるけど、90はなかなか切れない・・・。」

「80台前半がなかなか出ないんだよね」

という方には、物凄くおススメしたい教材になっています。

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!  

このブログから購入した方には、

特典として、

「今より50ヤード以上飛ばす−ゴルフスイングの秘密」

という冊子をプレゼントします。


決済のページに書いてあるので、

お確かめの上、ご決済ください。

02anime.gif