全英オープン大逆転優勝したアーニー・エルスのスイング

今年で43歳になろうという、

アーニー・エルスが大逆転で優勝し、

全英オープンが幕を閉じました。


リアルタイムで見た方は、さぞかし寝不足だったでしょう。


さて、このアーニー・エルスのドライバーショット、

以前にも記事にしましたが、

他の選手よりもスイングがゆっくりに見えます。


実際のヘッドスピードも他の選手より遅いと言われていますが、

実際の飛距離はそれほど引けをとりません。


普通に300ヤードを超えるショットを、

あのゆったりしたスイングで叩き出します。


スイングは、ゴルフダイジェストさんのホームページにて、

ご覧になれます。

画像をクリック!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
E・エルス001.jpg

左上の「2012年ドライバー正面」というところをクリックすると、

違う年のドライバーショットが見れますよ。

他の海外選手や日本人選手のスイングも見れますよ。


アーニー・エルスのスイングの特徴は、

トップから左手のコックの角度をギリギリまで保ち、

インパクトで一気に開放し、

強烈な手の返しで飛ばします。


そして、上体を回すのではなく、

ひねっているところがポイントです。

日本のプロには、グイーン!と体全体を回して打つ人もいますが、

このひねりと、あと真下に打ち下ろす感じが特徴です。


体格が違うから真似できないよ・・・

という方もいるかもしれませんが、

ポイントを真似してみましょう。


練習時に、いろいろ試してみると、

何かしら気づくポイントがあるかもしれません。