フック・スライスの要素を知る

桑田泉プロの動画をまた紹介します。

動画の中盤から、フックとスライスの要素に触れながら、
クォーター理論を解説してくれています。




非常にわかりやすい解説ですよね。

手を使わずに、
上半身だけ右に90度向いて、次に下半身だけ90度左に向ける。
まさしくアプローチショットです。

でも、これだとフルスイングするとスライスしてしまいます。
ここまではスライスの要素が入っているんですね。

これにフックの要素を足してやれば、
フルスイングで真っ直ぐ行きます。



体重移動せず、ボディーターンせず、ボールを見ず、
ひじ曲げる、タメを作らず早くほどく、手を返す、
ハンドファーストじゃなくハンドバック、フォロー小さくする。

要は、手打ちです。

これがフックの要素。

この2つを合わせれば真っ直ぐ行きます。
掛け声は、「手打ち、足の裏」でOKです。

練習場でやってみてください。

桑田泉のクォーター理論はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
桑田泉のクォーター理論
〜100切りゴルフの準備とコース戦略〜