飛距離アップにはディスタンス系ボールで本当に良いの?

飛距離アップには、ディスタンス系ボールが良いと耳にしますが、
本当でしょうか?

答えはNOです。

そもそもディスタンス系ボールは、飛距離アップのためにカバーに高反発素材を使っています。
これはヘッドスピードが遅くてもボールの初速を上げてくれます。

また、ボールがスピン系ボールよりも軟らかい為に、
飛距離を落とす原因となるバックスピン量を抑えてくれます。

これを聞くとやはり、飛距離アップにはディスタンス系ボールだな!
と思いますが、
では、そこそこヘッドスピードが速い人はどうするのでしょうか?

やはりヘッドスピードに合わせて、速い人にはボールが少し硬めの方が飛ぶようです。

また、ディスタンス系ボールはスピン量が抑えられる反面、
ショートアイアンなどでグリーンに乗せようとする時に、
スピンが効かない分止まりません。

でも、ご安心下さい。

今は、スピン系とディスタンス系両方を兼ね備えたボールがあるのです。

一つは、ブリジストンツアーステージV10リミテッド



そして、もう一つはダンロップ ゼクシオ エアロスピンです



飛んで止まるというボールを一度お試し下さい。