ゴルフ上達プログラム

ゴルフが上達しないのは、練習不足じゃなく知識不足だからだ!
上達の為の知識があれば、ゴルフはより易しくなります。

ティーチングプロの古賀公治プロが提唱する「ゴルフ上達プログラム」が話題になっています。

あらゆるプロゴルファーからもお墨付きのゴルフ上達プログラムですので、
ご自分に合ったDVDを選んでご購入下さい。

詳しい内容以下のような感じです。

ホームページにも動画などが用意してあるので、
ご覧下さい。

●2ヶ月半でコースデビュー

☆Enjoy Golf Lesson PART.1

1.正しい姿勢を覚えよう
まずは姿勢を覚えることがゴルフスイングの第一歩

2.握り方を覚えよう
体とクラブを繋ぐ握り方が悪いと正しく構えることが出来ない

3.ボールに対して正しく構えよう
ミスショットの90%がここに原因がある

4.まずはスイングの最小形を覚えよう
  スイングのすべての要素がここにある

5.両股関節を使った回転の感覚を覚えよう
これが出来れば格好いいフィニッシュが
とれる。すなわち飛ばせるスイングに。

6.ハーフスイングの動きを覚えよう
5.の動きをスイング中に取り入れて、スイング練習する。

7.3/4スイングを覚えよう
この大きさまでの練習をしっかりすれば、
もう少し強く打つイメージを持てば勝手にフルスイングになる。

8.上達するための考え方
股関節の使い方を覚えるドリルを例に、
上達するために必要な考え方をご紹介。

9.ポジショニングを知るために
紹介するドリルができる様になれば、
スイング中の手の位置と、クラブフェースと位置と向きが
チェックできるようになる。

10.より正確にボールを飛ばすために
正しい右手の使い方。
ボール投げが苦手な女性のために肘の使い方を簡単に覚える練習方法もご紹介。

☆Enjoy Golf Lessons PART.2

1.右肘をたたむとは
たたむという言葉が誤解を生んでいる

2.右股関節上にスイングセンターをセットする
すべての根源はこの形から生まれる

3.背骨を軸に回転する
99%の方が勘違いを起こす原因は体の厚み

4.前傾角をキープする
クラブが勝手に正しいところに上がってしまう回転を覚える

5.コントロールスイングで飛距離調節をする
この練習がアプローチだけでなく300yドライブにもつながる

6.プリショットルーチンを一定にする
ゴルフにおいて最も大切だといっても過言ではないのがこのプリショットルーチン。

7.パッティング
基本的な構え・打ち方・距離感・段取りを覚える

8.チッピング
まずはアドレスで90%が決まるのがチップショット。
距離感の出し方やクラブ選択の考え方も説明

9.脱出優先バンカーショット
まずは脱出することから、練習場での練習法もご紹介

10.2つの動きの繋がりを理解する
すべて教えてもらうという考え方ではなく、
自分なりのイメージを作れる人が上達する


●右を向けばオートマチックにオンプレーン

☆Enjoy Golf LessonsPART.3

1.体幹を使う感覚を知る
体幹を使う感覚を得るには上半身と下半身を切り離す感覚が必要

2.最小形を再確認する
出来ていると思っていても、出来ていないのがこの形

3.左腕が長く使えるようにする
シングルも含み、ほとんどの方が同じ場所でエラーを起こすのは左腕が長
く使えないから

4.オートマチックにプレーンに乗せる
クラブが勝手に正しいところに上がってしまう動きが、
ビギナーにも瞬時に理解できた練習方法とは

5.体幹を使って沈み込みドリルを実践する
意識を変えることで、同じドリルでも新たな発見がある

6.4つの形でスイングを形成する1、2の形
下半身に引っ張られて上半身が引き戻される感覚を、
ビギナーでも体感できるドリルをご紹介

7.4つの形でスイングを形成する3、4の形
上の1,2に加え形を意識する練習とリズムテンポに意識する
計4つの練習を繰り返しスイングを形成する。

8.前上がり・前下がり
セットアップの違いや、スイング中に気をつける点等を解説

9.左足下がり・左足上がり
上記同様とインサイドワークについても解説

10.インテンショナルフェード・ドロー
意識的に曲げる打ち方を知ることでストレートの弾道にも繋がる

11インテンショナルハイ・ロー
技術的なことがらと風に対応する考え方も解説

12 頭を使いプレイする
ゴルフは最終的に30%の技術 70%の頭と言われるスポーツ



●“FAR and Sure!”「より遠くへ、より正確に」”

☆Enjoy Golf LessonsPART.4

1.飛距離アップもプリスイングから
パワーインパクトで最大限にボールにコンタクトするためにも、
プリスイングが大切

2.太ももの動きを意識して肘を動かす
腰を動かすのも体幹を使うにも、まずは連動している太ももの動きから

3.下半身リードで回転速度を上げる
まずは上半身と下半身を切り離す練習から始める

4.正しい場所から下ろして打球する
誤ったところから下ろすとスイングモーションが複雑になり過ぎる

5.右足の粘りを覚える
右足を粘らせ右股関節を伸ばすことで回転速度が上がる。

6.ヘッドスピードを上げる
ヘッドスピード5m/secを上げることを目標に練習する

7.回転で振れば自分に巻き付く
自分の回転力を最大限ヘッドスピードに伝えるには

8.アームローテーションとフェースローテーション
2つのローテーションを理解しボールをコントロールする

9.ダウンでの運動方向を覚える
フォロをーを正しくとるにはダウンでのベクトル方向が大切

10.正しい順番で動かす
バックスイング時に動く順番が正しければ、ダウンでも正しい順番に動きやすくなる

11.左肩をボールにくっつけ離さない
これが飛距離アップのキーワード

12. 腰を直線的に動かし切り返す
肩を開かずウエイトシフトするには

13.背面打ちドリル
左肩を開かず左肩支点をイメージ出来る練習方法

14.アッパーブローにインパクトするとは
多くの方が勘違いしている点を解説

15.補足とまとめ
補足と重要点を再確認


●“スイングは5つの直線”

☆Enjoy Golf LessonsPART.5

1.姿勢・グリップを再確認する
バランスの良い姿勢・持つという感覚でグリップする。

2.焦点視力を強化する
前傾角のキープや、集中力にも関係する焦点視力を強化する

3.スイングは5つの直線1の直線テイクアウェイ
最小形は腰のスライドで直線的に動かす。

4.2の直線リストコッキングディレクションチェンジ
胸とフェースの向きを変えずに行う

5.3の直線切り返し〜ハーフウェイダウン
ゴルフで一番難しい切り返しは下方向に

6.4の直線ターンオーバー
いくら正しく見えても、左手の動きが正しくないと
ボールはストレートに飛ばない。

7.5の直線フォロースルー
左右片手打ちでクラブがコントロール出来るように訓練しよう。

8.左腕が長く使えようにする
   ほとんどの方が出来ていない形を再々度いろいろなドリルで出来るようにする。
これが出来るようになればエラーは激減する。

9.レイトヒットの形を覚える
上級者と言えどもほとんどの方が起こすキャスティングのエラーを矯正す
るには、レイトヒットの形の認識が必要。

10.バランス感覚を身につける
ゴルフで絶対必要なバランス感覚を身につける

11リズムを意識して練習する
ゴルフでもうひとつ絶対必要自分のなリズムを知り、スイング練習をする。

12 スコアに結びつく練習をする
本来、練習の目的はスコアアップ。
しかしそれとはほど遠い練習をされている方が多い。スコアの結びつく練習方法をご紹介。

13 最後にまとめ
ほとんどの方がエラーを犯している重要な事柄を再度説明。これだけは絶対に確認してください。


●“コースマネージメント編”

☆Enjoy Golf LessonsPART.6

1.スタート前に
スタート前のストレッチ・練習場・パッティング練習についてプロ何を考えて練習しているかを詳しく解説します。

2.ラウンドレッスン前半
主にルーチンワークについてレッスン

3.ラウンドレッスン後半
その他のマネージメントについてもレッスン

4.頭を使ってプレーする
ゴルフは考えるゲーム。もっと易しくpれーするために必要なことを解説します。

5.距離のあるフェアウェイバンカー
プロの考え方と100切りに必要なことを解説

6.60Yのフェアウェイバンカー
最も難しいバンカーをクリーンヒットとエクスプロージョンを使うバナナショットについて解説する。

7.ガードバンカー
近いガードバンカーや、縁についたバンカーについての対処法を解説。

8.深いラフからのアプローチ
ほとんどのアマチュアが犯す勘違いとは。これだけ知ればラクラク脱出。

9.ラインを読む
パッティングする前に、最低限必要なこととは。
手っ取り早くスコアを良くするために必要なことを解説。

10.つま先上がり・つま先下がり
つま先上がり・つま先下がりを打つ前にしておくリハーサルとは?

11.極端な左足下がりのアプローチ
対応するためのセットアップや打ち方について解説

12.様々なトラブルからの脱出
ディボット後、ベアグラウンド、木の根元についた場合などの対処法について解説


●“Covering the Ball”

☆Enjoy Golf LessonsPART.7

1.母指球に重心をかけ背中でクラブの重みを感じる
腕と体をシンクロさせるにもまずはアドレスから

2.インサイドアタック
映像によってインサイドからアタックする感覚を養う

3.腕と体の動きをシンクロさせる
腕と体の動きをシンクロさせるために、左腕を長くつけるようにするのであって、肘を張ることが目的ではない。

4.フェース面をコントロールする
フェース面の大きなラケット等でフェースを管理する感覚や、ディレクションチェンジ時時の手首の感覚を養う

5.カバーリング・ザ・ボール
ダウンスイングで胸の面がボールにかぶさる動作、゛Covering the Ball”で体幹を安定させる

6.左右の手の運動量を覚える
左右の手の運動量をそろえるために、それぞれの手の運動量を知る。

7.片手打ちで手の振りを覚える
腕の振りを覚えるには、片手打ちが最適、取り組む順番から解説。

8.切り返しは下への動きで行う
切り返しの動きは左ではなく下へ

9.腕の軌道をチェックする
インサイドインの軌道を腕の動きで確認する。

10.アイアンをダウンブローに打つ
アイアンをダウンブローに打つために

11.ボール投げで肘の使い方を知る
ゴルフで最も難解な切り返しについて、ボール投げを比喩し解説。

12.遠心力を感じてスイングする
手は振るのではなく、体によって振られる感覚が大切。

13.パッティングを究める
スコアメイクの鍵となるパッティングの新たな練習方法を紹介

14.ヘッドが主役を忘れない
あくまで正しくヘッドを動かすことが,スイングの目的である。


●“太ももでスイングすれば全て解決する”

☆Enjoy Golf LessonsPART.8

1.アドレスを再々確認する
股関節を正しく使えパワーインパクトが出来るようになるために

2.何故シャフトプレーンに沿って振れないのか
アウトイン軌道でもアウトに抜ける理由とは

3.インパクトの形を意識し打球する
静の段階で正しいインパクトの形がとれずに、動の段階でとれるはずがない

4.下半身リードを体感する
左腕が左足に引っ張られて降りてくる感じを体感する

5.エラーを犯しやすい点をチェック
多くの方が勘違いして犯しやすいエラーとは

6.左手が一定の位置に上がるように練習する
正しい場所から下ろすためには左腕の訓練が大切

7.左腕を振り子の糸としてスイングする
正しく切り返せば左肩、左腰、左膝の運動量は同じになる

8.フェース面を意識して練習する
カバーリングすることでフェース面がコントロール出来ることを知る

9.インパクトの形から始動して打球する
スムーズなバックスイングと力のあるインパクトを作る

10.体と腕の同調をクロスハンドで確認する
エラーが直ぐに分かるドリルを実践することによってミスがフィードバック出来るようになる

11.ダウンでバックでの胸の向きを再現する
ブラックボックス化していた動きを明確化することで劇的にスイングが変わる

12.上がっている最中に踏み込んで切り返す
難解な切り返しを体感できる様々なドリルを紹介する

13.フィニッシュに向かってスイングする
フィニッシュの位置を知りそこにしっかり振り切ることで、スイングが安定する

14.大切な事柄を再確認する
何気ないところに重要なポイントがある、よく考えて見よう


ゴルフ上達プログラム

なお、PART.1〜PART.5の5巻セットか、PART.6〜PART.8の3巻セットの
どちらかをご購入の場合、
「今より50ヤード以上飛ばす−ゴルフスイングの秘密」PDFファイル
をプレゼントします。